魚の目をなおした…ぼくのやり方

スポンサーリンク
魚の目の治し方

ぼく、スノーマンです。

もちろん、仮名です。

ちょっと恥ずかしいので…

魚の目をなおしました。

ぼくのなおし方の公開です。

ぼくは、これで治しました。

スピール膏

スピール膏

スピール膏(こう)でなおしました。

でも、このブログ記事は、

「スピール膏」の宣伝ではありません。

ぼくが実際になおしたやり方の公開です。

なので、画像も、ぼくの使った商品です。

皮膚科に行く?

自分でなおす?

迷いました。

評判の皮膚科は、待ち時間が長い。

二度、三度と、行く時間が取れない。

なので、皮膚科に行くのは断念。

「魚の目、自分でなおす」

…検索

結果、「スピール膏」でなおすことにしました。

では、魚の目をスピール膏でなおすやり方です。

スピール膏でなおす手順

魚の目をなおす手順

①スピール膏を貼る

②貼ったところがふやける

③ふやけたところを切除する

魚の目の芯がとれるまで、①~③の繰り返しです。

①~③のサイクルは、およそ1週間です。

1週間で貼ったところがふやけます。

魚の目がふやける

ふやけたところを切除する。

魚の目を切除

「かんたんに切除できる」

これが貼り続ける期間の目安です。

かんたんに切除できなければ貼り続けます。

1週間は同じスピール膏です。

1週間後、新しいスピール膏に貼り替えです。

切除は、カミソリ、はさみなどです。

魚の目の芯を切除できれば終わりです。

魚の目の痛みは消失します。

ぼくの場合、①~③のサイクルを2回で終了です。

およそ3週間かかりました。

スピール膏の種類はたくさんあります。

メーカー、大きさ、形状、数量…

いずれも効能や、やり方は同じです。

なので、大きさで選べばよいのでは…

魚の目の直径より少し大きめです。

後は、根気です。

芯がとれるまで…

継続は力なり!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする