四十肩をなおした…ぼくのやり方

スポンサーリンク
ぼく、四十肩?

ぼく、ジェイジェイです。

トラックの運転やってます。

最近、肩が痛くて、腕が挙がりません。

それって、四十肩じゃないの?

そう、言われました。

まだ、32歳なのに…

心配になって整形外科に直行です。

診断は、「肩関節周囲炎」

薬は、「痛み止め」

ロキソニンって言うやつらしいです。

1週間、服用。

でも、まだ痛くて腕はあがりません。

なので、整形外科の再診はストップ。

自分で何とかしなきゃの思いで、ネットでググる。

「四十肩、原因、治療法」 検索

四十肩 Frozen shoulder

えっ!

” Frozen Shoulder ” って英語で言うんだ。

四十肩のことを…

何だ!

″ 固まった肩 ” ってことか。

つまり、肩の筋肉が固まったのか。

これがわかって、何とかなりそうな予感。

そして、ぼくなりに検索して考えた結果。

四十肩の原因とは?

このようなことらしい。

四十肩の原因

四十肩の原因肩の筋肉が固まった

肩の筋肉が固まった。

これが原因のようです。

固まったので、腕が挙がらないのです。

これが、腕が挙がらない四十肩。

無理に動かすから痛みがでるみたいです。

これが、肩が痛い四十肩。

固まる原因は筋肉の血流不足

なので、肩の筋肉の血流を改善してやれば、

四十肩も改善するはずです。

きっと…

たぶん…

もしかして…

そうならないことを念じて、

肩の筋肉の血流改善をしました。

筋肉をやわらげる血流改善のやり方です。

ネットでググって、まとめてみました。

実際にやってみたら、かなりの効果です。

これが、そのやり方です。

肩の筋肉の血流改善

三角筋の血流改善

まず、三角筋の血流改善です。

(やり方)

1.腕を下に垂らして脱力する。

2.手のひら、指先で、三角筋を軽く圧迫する。

※ 圧迫時間:1~2分

ただ、圧迫するだけです。

それで血流は改善します。

圧迫する時間は、およそ1~2分です。

これは目安です。

血流が改善すれば、三角筋はやわらぎます。

圧迫するとは、古い血液を押し出す感じです。

古い血液が排出すれば、新しい血液が流入します。

揉んでもかまいません。

でも、揉む必要はありません。

血流が筋肉をやわらげるからです。

揉むことで筋肉がやわらぐのではありません。

血流が筋肉をやわらげるのです。

揉む力が強いと、細胞膜が破れます。

そして、痛みがでます。

いわゆる、もみ返しです。

筋肉をやわらげるのは、新しい血液です。

つぎに、大円筋・小円筋の血流改善です。

大円筋小円筋の血流改善

(やり方)

1.ひじをテーブルについて、腕を脱力する。

2.小円筋・大円筋を一緒につかんで圧迫する。

※ 圧迫時間:1~2分

三角筋が腕を挙げる筋肉です。

大円筋・小円筋は挙げた腕を引き戻す筋肉です。

でも、この筋肉をやわらげないと、

腕は挙がりません。

脇の下が伸びないからです。

そして、棘下筋の血流改善です。

棘下筋の血流改善

(やり方)

1.手をテーブルについて、腕を脱力する。

2.肘を突き上げる。

3.棘下筋を圧迫する。

※ 圧迫時間:1~2分

棘下筋がやわらがないと肩甲骨は動きません。

そして、肩甲骨が動かないと腕は挙がりません。

腕とともに肩甲骨を引き上げる筋肉だからです。

三角筋、大円筋、小円筋、棘下筋。

これらの筋肉の血流が改善する。

そして、わやらぐ。

そうすれば、腕は挙がる。

痛みは消失します。

血流がなおします。

これが、ぼくの四十肩の改善のやり方です。

ジェイジェイ でした。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする